ペットセレモニーWAVY 24時間365日ご自宅へお伺いいたします

ペットロス・心のケア

  • HOME »
  • ペットロス・心のケア

ペットロス・心のケア大切な家族を失うと、心にぽっかり穴が開いて何もする気がおきないこともあるでしょう。
少しでもお力になれれば幸いです。
是非一度ご相談くださいませ。





ペットロスとは?

ペットロスとは文字通り「ペットを失う事」である。

ペットを失うと、様々な心身(精神的・身体的)の症状が起こる。

これは、ペットと共に過ごす事によって培われた深い愛着・愛情が、突然に訪れるペットの「死」によって行き場を無くしてしまうことによって、引き起こされる症状だと解されている。
もちろん、引き起こされる症状の程度については個人差が大きい。

たとえば、子育てを終えた熟年夫婦にとってはペットが我が子同然の存在になっていることもあり、ペットを失ったショックもまた大きい。

ペットロス症候群とは、ペットとの死別というストレスが契機となって発症した精神疾患(症候群≒病気≒疾患)をいい、精神症状に付随して身体症状を伴う場合も少なくない。

最近、このような精神的・身体的障害が起こる原因として、飼い主のペットを伴侶動物(コンパニオンアニマル)としての位置づけが挙げられている。

日本では2000年代頃から注目を集めるようになったが、ペット産業の盛んな米国では1990年代頃より精神疾患の契機として重要視されるようになった。

日本では、内田百閒の『ノラや』(1957年)が、ペットロス症候群という言葉さえなかったころの、同症候群に関する記述として注目される。

参考:ウィキペディア

ペットロス症候群の主な症状


  • うつ病

  • 不眠

  • 情緒不安定、疲労や虚脱感・無気力、めまい

  • 摂食障害(拒食症・過食症)

  • 精神病様症状(ペットの声や姿が一瞬現れた気がする錯覚、幻視・幻聴などの幻覚や、「今に帰ってくるのではないか」という妄想など)

  • 胃潰瘍など消化器疾患(心身症)


このような、精神疾患や症状を精神分析的に説明すると、ペットとの死別という現象を受け入れられない場合の防衛機制の一種である逃避であるとも解釈されよう。
他方、行動療法(行動医学)の基礎理論である刺激反応モデルによって説明すると、ペットの死という「刺激」に対する生体の「反応」ということになろう。

社会学的には、次のように説明されよう。つまり、近時の少子高齢化を背景に、ペットを生活上の伴侶として扱う(コンパニオンアニマル)人が増加している。
ところが、ペットの寿命は10年程度であり、どうしてもヒトより短命である。
このような人とのより深いかかわりを持つ動物の増加で、ペットとの死別という避けがたい出来事が、飼い主に深刻な影響を与えるケースが増加してきた。

軽度ないし遷延しない症状については、健全な精神性の発露とみなすことが可能ではあるが、健康を害するほどに悲嘆に暮れる状態は健全とは言えず、投薬を中心にして、必要に応じてカウンセリング等を併用する治療を必要とする場合もある。
日本医師会では1ヶ月以上、悲しみが癒えずに不調が続いている場合に、受診を勧めている。
心療内科や精神科など専門医の受診も勧められよう。

臨床心理士などによる心理療法の分野では、喪失体験からの回復過程を援助するためのプログラム(グリーフセラピー)を行う心理療法家が存在する。

参考:ウィキペディア

心の詩(虹の橋)

天国の一歩手前に、『虹の橋』と呼ばれる場所がある。
地上にいるだれかと親しくしていた動物は、死ぬとその『虹の橋』へ行く。
そこには、草地や丘がひろがっていて、
動物たちはいっしょになって走ったり遊んだりすることができる。
たっぷりの食べ物と水、そして日の光に恵まれ、
彼らは暖かく、快適に過ごしている。
病気にかかっていたリ歳をとったりしていた動物たちは、
ここに来て健康と活力を取り戻し、
傷ついたり不具になったりした動物たちも、
もとどおりの丈夫な体を取り戻す。
過ぎ去りし日の夢の中でのように。


動物たちは幸せに暮らしているけれど、ひとつだけ不満がある。
それぞれにとって特別なだれかが、
あとに残してきただれかがいないのを
寂しく感じているのだ。


動物たちはいっしょに遊んで時を過ごしている。
しかし、ついにある日、そのうちの一匹が足を止めて遠くに目を向ける。
目はきらきらと輝き、体はたまりかねたように小刻みに震えはじめる。
突然、彼はみんなから離れて、緑の草地を跳ぶように走っていく。
あなたを見つけたのだ。
とうとう出会えたあなたたちは、抱き合って再会を喜びあう。
もはや二度と別れることはない。
喜びのキスがあなたの顔に降りそそぎ、
あなたの両手は愛する友の頭と体をふたたび愛撫する。
そして、あなたは信頼にあふれたその瞳をもう一度のぞきこむ。
あなたの人生から長いあいだ姿を消していたが、
心からは一日たりとも消えたことがないその瞳を。


それから、あなたたちはいっしょに『虹の橋』を渡るのだ。

つちぼとけ教室

つちぼとけ教室こころを落ち着かせて、亡くなったペットとゆっくり向き合いながら、その子のことを考えながら陶芸で作成するつちぼとけ。
御住職のやさしいご指導の下、心をゆっくり癒すことができます。






写経教室

写経教室ご自宅でもできるご供養です。
古くはお釈迦様の教えを一字書いて三回お拝をし何万字というお経を書写する修行を行ったそうです。
それだけに仏と一体になる修行が積まれるそうです。
心のお経般若心経を写すことは大切な仏様と大切な時間を一緒に過ごすということです。








その他ご相談

お問い合わせ・ご相談大切な家族を失ったとき・・・

誰でもいいから話を聞いて欲しい

お役に立つかわかりませんが

お話を聞くことはできます。

是非一度お問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-99-5940 24時間年中無休

Copyright © ペットセレモニーWAVY All Rights Reserved.
Scroll Up